ご来社の方はこちら
ニュース

2018年7月5日(木)-6日(金)大阪開催「ET West 2018/組込み総合技術展 関西」出展



ET West 2018 に出展いたします。

『Embedded Technology West 2018/組込み総合技術展 関西』
・会期 2018年7月5日(木)・6日(金)  10時~17時
・会場 グランフロント大阪内 コングレコンベンションセンター
・最寄駅 JR大阪駅

《弊社ブース》
・小間番号 B-07

<<来場者事前登録>>

<<事前アポイント申込受付中>>
※事前にご要望・相談内容をお教えいただけると、お客様にあったご提案を準備できますので、
 さらに効果的です。宜しければご活用ください。

今回は、マルチコアプロセッサ上でLinuxとμC3の共存を可能にした「μC3 + Linux」のデモおよび講演のほか、
5月開催のIoT/M2M展でも好評だったIoT向けプラットフォーム「imos」のデモを予定しています。
ご多忙中とは存じますが、是非、この機会に、我々が提案するIoTソリューションをご覧いただけますようお願い申し上げます。

《カンファレンス 出展社セミナー》
日時:7月6日(金) 14:00~14:45
会場:ルーム7 SS-17
『今、LinuxとRTOSの共存ソリューションが選ばれる理由について
 ~ET-west初、LinuxディストリビュータとRTOSベンダが共同講演!』
IoT、ビッグデータ、AIといった新たな技術や加速するビジネススピードへの対応など、
開発現場の課題も複雑化している今、『LinuxとRTOSの共存』が一つのソリューションとして注目されている。
今回、国内唯一のLinuxディストリビューションのサイバートラスト社から伊東氏をお迎えし、当社エンジニアとの
対談形式でLinuxとRTOSの共存に関するメリットや事例並びに今後の展望を語る。

<<展示会・カンファレンス事前登録>>

《ブースの見どころ》
★『μC3+Linux』によるリアルタイム処理とリッチな画面表示の同時実現
Xilinx社のZynq UltraScale+ MPSoCをベースにμC3(Cortex-R5)とLinux(Cortex-A53)を共存させ、
コントローラやセンサデータの収集・制御等のリアルタイム処理とリッチな画面表示を同時実現するデモを初展示いたします。

★新しいIoTプラットフォーム『imos』によるエナジーハーベスト
イー・フォースが新たに提案するIoTプラットフォーム「imos」は「imos Edge」「imos Gateway」および「imos Cloud」から
構成されており、今回、モータの発熱を利用して発電する「imos Edge」が持つエナジーハーベスト機能をお見せします。

★来場者特典には“デニムポーチ”をご用意しております!

皆さまのご来場、心よりお待ちしております。