ご来社の方はこちら
製品情報
μC3+LinuxはマルチコアCPUにLinuxとRTOSを共存させ、OS間の通信を可能にするソリューションです。
種類の異なった2つのOSを共存させることで、RTOSのリアルタイム性能とLinuxが持つ豊富なソフトウェア資産を有効に活用することができます。

μC3+Linuxの特長

異なったタイプのマルチコアCPUに対応

ホモジニアス(同一プロセッサ・コアによる構成)とヘテロジニアス(異なるプロセッサ・コアによる構成)の両方に対応。

メーカー提供のLinuxディストリビューションに対応

CPUベンダーが標準でサポートするLinuxに対応し、アプリケーションの開発が迅速に行えます。

OS間通信をサポート

メッセージ形式のAPI(RPMsg)を使って、OS間の通信を簡単に実現。

OpenAMP仕様を採用

Multicore Associationによって標準化されたOpenAMPの仕様に対応

RTOSによる高速ブート

μC3を先に起動することで高速起動が可能

μC3+Linuxの開発フロー

主なAPI

機能 API名 機能
送信 rpmsg_send メッセージ送信
rpmsg_sendto メッセージ送信(送信先アドレス指定)
rpmsg_send_offchannel メッセージ送信(送信元・送信先アドレス指定)
rpmsg_trysend メッセージ送信(ポーリング)
rpmsg_trysendto メッセージ送信(ポーリング・送信先アドレス指定)
rpmsg_trysend_offchannel メッセージ送信(ポーリング・送信元・送信先アドレス指定)
rpmsg_get_buffer_size 送信可能バッファサイズの取得
エンドポイントの追加・削除 rpmsg_create_ept エンドポイント作成
rpmsg_destroy_ept エンドポイント削除
エンドポイントの追加・削除 rpmsg_create_ept エンドポイント作成
チャネルのコールバック rpmsg_chnl_cb_t チャネルイベントコールバック
受信コールバック rpmsg_rx_cb_t 受信イベントコールバック

対応プロセッサ

CPUコア ベンダー シリーズ
ARM Cortex®-A9 NXP i.MX6 DualLite, Dual, Quad
Intel Intel SoC Cyclone V Soc,
Arria V SoC, Arria10 SoC
Xilinx Zynq7000
ARM Cortex®-A7
+
ARM Cortex®-M4
NXP i.MX7 Dual

※対応予定のCPUも含まれます。
※LinuxはLinus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

デモムービー

お問い合わせはコチラから
お気軽にお問い合わせください
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
お問い合わせ

製品一覧