ご来社の方はこちら
製品情報
POSIX on μC3はμITRON仕様のRTOS μC3上でLinux向けに開発されたアプリケーションが動作可能なソフトウェアです。
リアルタイム性能を損なうことなく、Qtなどのアプリケーションを利用することができます。
POSIXアプリケーションとITRONアプリケーションはネットワークやドライバなどの資源を共存可能です。

POSIX on μC3の特長

LinuxアプリがITRONで動作

QtをはじめとしたLinuxのアプリケーションがμC3のタスクとして動作。(一部制限あり)

高いリアルタイム性能を維持

RTOSの優先度スケジューラにより、POSIX系のアプリケーションの影響を受けずに、高いリアルタイム処理が可能。

省メモリ動作

μC3/Standardのカーネルを採用しているため、少ないメモリリソースで動作可能。

高速起動

Linuxカーネルを使用していないため、高速起動が可能。

機能

各種POSIX系の機能とAPIがμC3で利用できます。

ソフトウェア構成例

POSIX on μC3を使うことで、Embedded Linux用のQtがそのまま動作します。(一部制限付き)

・非リアルタイム処理(POSIX)系、リアルタイム(RTOS)系のモジュールを分離し、ソフトウェア割込みを使って通信を行う。
・各モジュール毎に異なるツールの利用が可能。
・各デバイスドライバ、TCP/IP、FileSystemはPOSIX側とRTアプリ側で共存が可能
・非リアルタイム処理(POSIX)系、リアルタイム(RTOS)系のアプリケーション同士はSocketかPIPEを使って通信が可能

POSIX on μC3+Qtのデモ

お問い合わせはコチラから
お気軽にお問い合わせください
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
お問い合わせ

製品一覧