EtherNet/IPは、Rockwellが開発した産業用イーサネット・プロトコルです。EtherCATがMAC層のプロトコルなのに対して、EtherNet/IPはTCP/IP上にあるアプリケーション層のプロトコルです。DeviceNetと同様にODVAにより管理されており、PLCやFA/PCなどのコントローラレベルのネットワーク、センサや温度調節器等のデバイスレベルのネットワークのどちらにも対応でき、汎用イーサネットと混在して使用できます。

EtherNet/IPの特徴

EtherNet/IPは、CIP(Common Industrial Protocol)制御用通信プロトコルを標準イーサネット上のアプリケーション層で実行する、オープンでグローバルな産業用イーサネットです。CIPはDeviceNet、ControlNet、CompoNet等でも使用される通信プロトコルです。EtherNet/IPはWell-knownポートを使用して通信ができます。このため、QoS(Quality of Service)機能に対応したイーサネットスイッチを使用することで、EtherNet/IP通信のみを優先して高速化する事ができます。

QoS機能とは

イーサネットスイッチに到達した順序に関わらず、EtherNet/IPのパケットが優先して通信される機能。

また、アプリケーション層では、CIP Safety、CIP Sync、CIP Motion等を実装しており、1本のネットワークで全ての制御通信をサポートできます。

EtherNet/IPの仕様

EtherNet/IPの通信仕様は以下です。

項目 仕様
伝送種類 10BASE-T/100BASE-TX
伝送速度 10/100Mbps
通信距離 ノード間距離 100メートル以内
伝送ケーブル STPケーブル カテゴリ5/5e
トポロジ スター、ライン、ツリー
最大接続台数 STPケーブル カテゴリ5/5e

出典:EtherNet/IP、EtherCAT

Implicit通信
(設定した)一定周期でサイクリック通信を行うのがImplicit(暗黙的)通信です。1:Nのブロー ドキャスト送信も可能で、通信相手によって異なる通信周期を設定する事ができます。リアルタイム性を必要とする制御データに使用します。
Explicit通信
1:1で任意のタイミングで送受信を行うのがExplicit(明示的)通信です。Implicit通信では送受信できないデバイスの送受信にも対応できます。

EtherNet/IPの実現方法

EtherNet/IPの実現方法は2つあります。

EtherNet/IPの実現方法
  1. 汎用マイコンを使った実現方法
  2. 専用LSIを使った実現方法

1.汎用マイコンを使った実現方法

ルネサス社製 RX72MをベースにμC3/StandardとμNet3/Professionalを使用した方法です。

JSLテクノロジー社にて、RX72M向けにTMG社(旧Molex社)製スタックのSDKを提供しています。認証試験も取得済みです。

取得済み認証

CT16認証試験

取得環境は以下になります。

  • アダプタスタック :TMG社製「TMG EtherNet/IP Adapter Stack」
  • TCP/IPスタック   :eForce社製「μNet3/Professional」
  • RTOS      :eForce社製「μC3/Standard」
  • プロセッサ              :ルネサス社製「RX72M」
  • 統合開発環境        :ルネサス社製「e2studio」

詳しくはコチラ

EtherNet/IPのサポートベンダ

サポートベンダ 提供サービス
TMG社 ライセンス
JSLテクノロジー株式会社 SW開発、技術サポート

2.専用LSIを使った実現方法

リアルタイムOSアクセラレータ(HW-RTOS)を搭載したルネサス社のR-IN32を使用した方法です。TCP/IPスタックはルネサス社提供の無償サンプルが利用可能ですが、下記いずれかを必要とする場合はμNet3/Professionalを使用する事ができます。

  • ソースコード
  • 動作保証
  • 技術サポート
  • カスタマイズ対応

EtherNet/IPのサポートベンダ

TMG社製スタックの場合 提供サービス
TMG社 ライセンス
JSLテクノロジー株式会社 SW開発、技術サポート

Softing社製スタックの場合 提供サービス
株式会社シェルパ ライセンス、SW開発、技術サポート

EtherNet/IPとμC3を組み合わせてできること

特にTMG社のEtherNet/IPスタックとμC3/μNet3の組合せで、認証試験を取得していますので、最終製品での認証取得負荷を大幅に軽減する事が可能です。

また、μC3をベースにしたSDKが既に用意されていますので、直ぐにEtherNet/IPの評価を行う事ができます。要求仕様に対する必要なCPU性能やメモリ容量など、開発に必要な項目を短期間で確認する事ができ、スムーズに製品開発のスタートを切る事ができます。

資料

詳細をご希望の方は、下記より製品ガイドをダウンロードしてください。

製品ガイド

ご不明な点がございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ例
  • SDKの入手方法を教えて下さい
  • 詳しい話を聞かせて下さい
  • サポートベンダを紹介して下さい
  • μC3が未対応のプロセッサの場合、ポーティングはお願いできますか?

など

お問い合わせ