[出展レポート]Japan IT Week春 IoT/M2M展 -前期-

平素よりお世話になっております。 イー・フォースの櫻井と申します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 0308_image02-1024x715.jpg です
 
 

イー・フォースは2019年4月10日~12日に開催された「Japan IT Week春 IoT/M2M展 -前期-」に出展致しました。ブースでは、新しいIoTプラットフォームサービス「iot-mos」をご紹介しました。

展示会へのご来場、iot-mosブースへのお立ち寄り、ありがとうございました。

こちらのレポートでは、当日来られなかった方に向けて、デモの詳細についてお伝えします!

試作から量産までを実現するIoTプラットフォームサービス

iot-mosは試作から量産までを実現するIoTプラットフォームサービスです。
センシングデバイス、クラウド、スマートフォン、スマートスピーカーなどを使ったシステム構築サービスを統合的にご提供します。

こんなことにお悩みではありませんか?

  • Edge側(デバイス)は開発できるがネットワークやWeb系の知見がない
  • Cloud側(Web)は開発できるがセンサーやエッジ側の知見がない
  • IoTシステム開発コストが高い

イー・フォースが有する組込システムでのネットワーク用ソフトウェアとクラウドやモバイル系のアプリケーションを組み合わせることで、IoTシステム開発に関する貴社の課題を解決します。

「iot-mos」の詳細はこちらをご覧ください。

製品情報はこちら

展示デモ 

iot-mos BrigdeはBLEとWiFiの機能が搭載されており、BLE⇔WiFiのデータ転送のほか、UARTやSPIなどを使ったレガシー機器への接続も可能です。これによりネットワークの機能がない機器の無線化やクラウドやスマートフォンへの接続が容易に実現できます。

当日はIoTゲートウェイ部分にあたる「iot-mos Bridge」を中心に、3つのデモを展示しました。

  • レガシー機器(既存機器)を音声制御
  • 屋内機器を外部からスマホで制御
  • 活動レベルの監視・解析

レガシー機器(既存機器)を音声制御

 

iot-mos Bridgeと既存機器をUARTやGPIOなどで接続し、iot-mos Bridgeのマイクで既存機器を操作できるデモをご紹介しました。

屋内機器を外部からスマホで制御

iot-mos Bridgeを既存機器と接続して無線化、クラウドやスマートフォンと機能連携し、外出先から屋内機器の遠隔制御が可能になるデモをご紹介しました。

活動レベルの監視・解析

iot-mos Bridgeにカメラと活動量計リストバンド(BLE)を接続し、生体情報と動画情報をシンクロさせ、活動レベルの解析が可能になるデモをご紹介しました。 

デモ動画

「デモの内容について、もっと知りたい」という方のために、デモ動画をご用意しました。
こちらもぜひご覧ください。

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。
自社製品のIoT化にお困りの場合はどんなことでも当社にご相談ください。最適なご提案をいたします。

製品情報はコチラ